TOP > LALAの健康住宅

LALAの健康住宅

私たちが想う、健康住宅=家族が幸せになれる家
ゆったりと豊かな時間が流れる「あたたかい家」、家族が自然と集い会話が生まれる「やすらげる空間」
そして、高原の木立の中に佇んでいるような「ここち良い空気」

健康住宅

  • あたたかい家

    設計段階から住む人のことを考えた
    断熱性にすぐれた住宅は、
    脳卒中や筋梗塞の予防もできると
    住医学研究会が発表しています。


  • やすらげる空間

    家族のコミュニケーションを
    大切にした間取りは、
    やすらぎと安心をあたえてくれます。
    心の健康を願い
    空間設計の提案をします。


  • ここち良い空気

    ハウスダストやアレル物質などを
    低減し健康的な空気環境を
    つくることを大切にしています。

デコスドライ工法

次世代省エネ基準適合断熱材の性能を最大限に引き出すデコスドライ工法をLALA HOMEは採用しています。
効果的な断熱・防音施工を行うには断熱材の素材性能の高さはもちろんのこと、施工方法がその性能を十分に生かせるものでなくてはなりません。
デコスドライ工法は、乾式吹き込み工法ですので、手の届かない隅部の充填が可能で、
隙間からの熱損失を防ぎ、抜群の断熱・調湿・防音性を実現します。

夏涼しく、冬暖かい
自然素材でつくる家をLALA HOMEが提案します。


LALA HOMEでは省エネルギー、室内の空気質・温熱環境から考えた
地球にやさしい自然素材の断熱材を使用いたします。



  • 断熱材品質×施工品質


    断熱材品質と施工品質のいずれかが欠けていれば求める断熱性能は確保できません。特に断熱工事は「施工が要」と言っても過言ではありません。そこでデコスドライ工法で隙間なく吹込むことで夏は外部からの熱の進入を抑え、冬は室内の熱を逃がしません。



  • 呼吸をする断熱材


    高い断熱を保ちながら呼吸する住まい。一年を通じて湿気が多いのが私たちの住む日本の特徴です。普段私たちが身につけているものは通気性のよい湿気がこもらないものが多くないですか?住まいも同じで通気性がよく湿気をコントロールする家。いわば「呼吸」する家が日本にとって最も「良い家」と言えます。



  • 騒音を抑え、快適環境を創る


    騒音を抑え、快適環境を創る吸音性としても優れた性能を持つセルロースファイバーを隙間ない施工によって日常生活の音、屋外からの騒音。室内から屋外へ逃げるプライベート音を和らげます。



  • 体にやさしい健康素材


    カビ・ダニの発生原因となる壁体内結露を防ぐため、アトピーや喘息、アレルギーを未然に防ぎます。



  • 燃えにくい素材


    火事に強く、難燃性を持ち有毒ガスを発生せずに、万が一命を守る建具材となります。



  • 防カビ・防虫性に最適


    ホウ酸効果があり高い防カビ性と防虫性 を備えてます。



安心の責任施工・保証も万全の体制


「デコスドライ工法」は専門技術資格者によって施工されたものであり、当工法のセルロースファイバー素材内部に結露が発生しないことを20年間保証します。
また、お施主様に安心して頂くために、JCA※の厳しい試験や研修をクリアした技術者のみが施工できます。 その中でも、株式会社LALA HOMEでは、施工技術に関しては力を入れております。


※JCA=日本セルロースファイバー断熱施工協会


  • 屋根断熱

    通気層を確保し屋根垂木に
    施工密度55±5kg/㎡でブローイング。


  • 内張シート施工

    マスクと同じ材質の通気するシートを弛みなく張る。


  • 天井断熱

    天井の上に施工密度25±3kg/㎡
    厚み160mmをブローイング。


  • ブローイング

    壁は柱の厚みいっぱいに
    施工密度55±5kg/㎡でブローイング。

スクリュー・プレス工法

見えないところだからこそ、耐震・環境性能の安心が必要だとLALA HOMEは考えます。
これまでの地盤改良工事のお困りごとや心配事を新工法「スクリュー・プレス工法」が解消。
LALA HOMEは、家を支える確かな地盤をつくります。
※地盤調査の結果により地盤改良が必要な場合に限ります。

  • 間伐材パイル

    間伐材は地場産の杉材(末口φ150)を使用。本来捨てられる間伐材を杭に使用することでカーボンストックとなり環境保全に貢献します。杉材の圧縮強度は22~35N/m㎡とコンクリートに匹敵する強度があり、安心の地盤を築きます。

    間伐材パイルに適した現場

    ●表層軟弱層が概ね 5m以下でN値 10 程度以上の支持地盤に杭打ち可能な敷地

    ●切土と盛土による造成地で支持地盤まで杭打ち可能な敷地

  • 磁石パイル

    砕石はすべて自然石を使用。投入された砕石は300~400mm毎に転圧し、地盤中の弱い部分に砕石を深く食い込ませることで支持力をさらに高めます。また砕石パイルが支持層に到達していなくても支持力を発揮します。

    磁石パイルに適した現場

    表層軟弱層が厚く支持層が深い敷地
    ●軟弱層の上に盛土された敷地
    ●液状化が発生し易い敷地

  • 間伐材パイルは大幅なCO2削減に

    従来から一般的に使われる地盤改良材である鉄鋼・コンクリートは製造工程において1棟あたり数トンの CO2 が発生します。また、逆に国産間伐材はその育成過程において多くの CO2 を吸着してくれます。その両方で大幅なCO2削減効果をもたらしてくれます。

  • 土地の環境とその資産価値を守る

    セメント系固化材を用いた地盤改良工法は、アスベストに並ぶ発がん性物質の「六価クロム」が発生する恐れがありますが、自然素材のパイル形成なら有害物質の発生の心配はありません。砕石は埋設物にはならないため、将来の撤去の必要がなく、土地の資産評価にも影響がありません。

  • 見え無い部分の施工不良を無くす

    セメントによるパイル形成の場合、「充分に攪拌混同しないと強度が得られない」、「有機系の腐食土とは混同しても固化しない」など、さまざまな問題があります。砕石および間伐材は、投入が目視できるため施工不良の心配がありません。確実な施工が可能です。

  • 地震に強い地盤づくり

    「スクリュー・プレス工法」は、ネジくぎの原理で、スクリュー自身の体積分の土を周辺に押し固めていく圧密現象を生じさせ、より強固な地盤を作り上げます。

  • 地盤改良コストの低減

    掘削残土の発生がないので、従来工法に比べ施工時間が大幅に短縮され、低コストの施工が可能になりました。また産業廃棄物となる排土処理の必要がなく、環境保全にも大きく貢献します。